キッチンリフォームのことならおまかせください。47年の実績でご提案!

 
HOMEシステムキッチン > キッチン レイアウト

キッチンレイアウト

一言にキッチンと言っても、さまざまなレイアウトがあります。こちらのページでは、代表的な5タイプのレイアウトについてご紹介しますので、生活スタイルやご自宅の間取りに合ったレイアウトからお好みのタイプをお探しください。

T型キッチン

T型キッチン

冷蔵庫、シンク、コンロを一列に並べたベーシックな配置です。作業動線も直線なので、とてもシンプルなレイアウトです。狭いキッチンのリフォームにおすすめのレイアウトです。

U列型キッチン

U列型キッチン

このレイアウトは作業面積・収納を多く取れるレイアウトです。T型に比べると作業動線は短くなりますが、より広いスペースが必要になりますので、シンクとコンロの配置には工夫が必要です。

L型キッチン

L型キッチン

ワークトップをL型に配置して作業スペースが広くなり、動線はとてもスムーズになります。コーナーを活かしてカウンターや収納を広く使えますがデッドスペースが出やすいので注意が必要です。



U型キッチン

U型キッチン

ワークトップをU型に配置し、L型キッチンに比べるとカウンターや収納スペースが広がりました。U型キッチンへのリフォームでは、シンクとコンロを直角に配置すると動線がスムーズになります。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチン

カウンターの一部を島のように独立して配置したレイアウトです。多人数での作業が可能で、家族や友人と料理が楽しめますが、アイランド周りに広いスペースが必要です。



動線とは?

動線とは、家の中での人の動きをあらわすものです。
動線は間取りにより変わります。使いやすい間取りだと、動線はスムーズに流れますが、障害物の多い間取りでは、あちこちで無駄な動きが発生します。

キッチンリフォームでは、調理などに使用する冷蔵庫、コンロ、シンクの3点を結ぶ作業動線(ワークトライアングル)がバランスの取れた距離であれば、使いやすい間取りであるとされています。

お問い合わせの流れ
 1.お問い合わせ ⇒ 2.現場確認 ⇒ 3.ヒアリング ⇒ 4.ご提案 ⇒ 5.お見積もり ⇒ 6.受注 ⇒ 7.施工
 ⇒ 8.お支払い ⇒ 9.アフターサービス